レシピ

自家製のイチゴの木酒

自家製のアービュートス酒、イチゴの木はブルーベリーの家族に属している、それはその多くの特性にもかかわらず市場で珍しい果物です。 Okdiarioのレシピの別の記事では、自家製のバラ酒を作りました。 今日のアルブトゥス酒。

アービュートスとその性質

アルブトゥスでは地中海や西ヨーロッパに原産の低木です。 この低木はイベリア半島では非常に一般的で、中世にはイチゴの木が非常に豊富にあったため、マドリッドの紋章上にさえ現れました。 イチゴの木には小さな白い花と食用の赤い果実がありますが、 生で食べることはめったになく、リキュール、ジャム、ソースなどに使われています。 スーパーマーケットで、ブラックベリー、またはブルーベリーを見つけることができるが、いちごの木は見つけられないことに興味があります

過去にはマドローニョは、葉、果物、樹皮および根の注入 、人気のある医療に使用されていました。 それは抗炎症薬として、胃腸の問題の治療薬として非常に高く評価されました。 アルブータスの果実はポリフェノールのようなそれらの大量の酸化防止剤で評価されていますさらにこの低木のほとんど全ての部分はバクテリアマイコバクテリウムと疎外された大きな抗生物質力の物質を含んでいます

それにその美しい色を与えるイチゴの木に存在するもう一つの酸化防止剤はアントシアニンです。 アントシアニンは、プラークの蓄積による損傷から動脈壁を保護します。そのため、心血管疾患にも効果があります。

いちご酒

材料

  • いちご400g
  • 8コーヒー豆
  • シナモンスティック
  • 砂糖150g
  • 75水
  • 小さじ1杯のバニラ味
  • アニス700ml、または容器いっぱいまで
>

準備

最初に使用する容器を滅菌し、 沸騰水に1分間浸します。 それから私達はいちごの木を洗い流します。 中火以上の鍋に砂糖と水を加えてシロップを作る。 約5分間火をつけてください。

バニラの香りを加え、 放置してからこのシロップを500mlのアニスと混ぜ合わせる 。 瓶や容器に入れてから、いちごの木、コーヒー豆、シナモンを加えます。

漏斗の助けを借りて、アニスとシロップの混合物を注ぐ。 必要であれば容器を満たすまで、もっとアニスで仕上げます。 容器を覆い、暖かい場所ではない暗所(例えば食器棚の底など)で休ませます。最低休憩時間:6ヶ月月に一度、うまく動かすためにはよく振る必要があります。

あなたも興味があるかもしれません

自家製カルーアリキュール

あなたは自家製のアービュートス酒ポストが好きなら あなたはあなたのお気に入りのソーシャルネットワーク(Twitter、Facebookなど)でそれを共有することができます、←あなたが押すためにさまざまなアイコンがあります。 毎日あなたのための新しいレシピとトリックがあるでしょう、Facebook @okrecetasdecocinaで私たちに従ってください!

エレナベルベル