レシピ

だんご

だんごは、もちもちやしらたまや米粉を使った日本の伝統的なスウィートボールの名前です 。 3色のハナニダンゴやキビ粉で作られたデンマークのキビなど、さまざまな品種があります。 Okdiarioのレシピの別の記事で、コーヒークリーム、今日は東洋のデザート、ダンゴを作りました。

ダンゴボールの歴史

日本人はこれらの餃子を縄文時代から食べ始めました。 300 aまで 奈良時代(710-794年)に、玉は丈夫なソースに染み込み、仏への供物として使われました。 1603年から1868年までの江戸時代に、これらの甘いボールは日本中に広がりました。

アジアのさまざまな国では、たとえば日本で「秋の月」が祝われています。 日本人は例えば太陰暦の8月15日、9月13日または10月10日に団子玉を作る。

しらたまことしてそれらを準備するために使用される小麦粉は甘い米粉ですので、彼らは通常、砂糖を追加しません。 しかし、あなたが普通の米粉を使うなら、あなたはいくらかの砂糖を加えなければなりません。 オリエンタル製品店では、この種の日本の小麦粉やグルメスーパーを見つけることができます 多くの場合、これらのボールは抹茶や他の食品の色で着色されています。

Dをキメた。#Dango pic.twitter.com/GnjgNAD4hd

- オムロ(@omurot)2017年4月15日

だんごのレシピ

材料

  • 固い豆腐250g
  • 米粉200g(日本ではもち子または白玉子を使用)
  • 砂糖大さじ3
>

調理器具

  • 串刺し

準備

ボウルに豆腐を細かく切り、米粉と砂糖を混ぜる。 それがうまくリンクされるまで我々は生地を加工する 。 冷蔵庫の中に10分間置いておきます。 それから平らな面に少量の油を加えると、同じ大きさのボールができあがります。

[キャプション]

この和菓子作り[/ caption]

沸騰したお湯で鍋を準備し、3分間ボールを調理します。 私達は彼らをコラードで排水させてからキッチンペーパーに残す。 それから木か竹の棒で私達はおにぎりを通しました。 だんごはマイルドな風味を持っているので、彼らはミタラシや甘い醤油などのソース、またはアンコ、甘い豆のペーストで提供されています。

//www.instagram.com/p/BUFIO8Zly3M/?tagged=dango&hl=ja

あなたも興味があるかもしれません

日本のチーズケーキ

あなたがdangoレシピを好きなら、あなたはあなたの大好きなソーシャルネットワーク(Twitter、Facebookなど)でそれを共有することができます。 毎日あなたのための新しいレシピとトリックがあるでしょう、Facebook @okrecetasdecocinaで私たちに従ってください!