レシピ

夏はシーフードを食べるのに良い季節ですか?

季節の違う時期の貝類の消費に関しては大きな神話があります。 正確には、夏季には、多くの種が漁業禁止により保護されています。 これは彼らの繁殖を保護する目的で、そしてそれと共にこれらの海洋動物の生存を目的として行われます。 海の果実を扱う企業や事業所は何ですか? 彼らは夏のシーズン前に、大量のシーフードを冷蔵して冷凍する必要があります。 要するに、それはそれらの月の間の消費者需要をまかなうことです。

過去の懸念

魚介類を貯蔵するこの慣行は、食品の鮮度に関して消費者にある種の不安を生み出す。 それ故、 夏がシーフードを食べるのに良い季節であるかどうかの問題。 原則として、このアプローチは過去数十年間で合理的であったと言えます。

今日では、これまで高度な技術を備えた冷凍システムはありませんでした。 これらの進歩のおかげで、美食学は大いに恩恵を受けました。 食品の保全は 、たとえそれが魚介類であっても、他の食品よりも細心の注意を払っている場合でも安全な方法です。

コールドチェーン

夏場の気温が高いため、魚介類の保全には細心の注意を払う必要があります 。 プロセス全体を通して低温を保つことが重要です。

シーフードは冷蔵庫の外で120分を超えてはいけません 。 必要に応じて、冷蔵庫の中、寒さの少ない場所で解凍することをお勧めします。 彼らは良い状態で生の冷凍されている場合、彼らは最大1年間完璧な状態で保つことができます。 長期間保存すると、味、食感および特性においてその品質が低下する可能性があります。

シーフードの鮮度

シーフードは最高の状態で消費されなければなりません。 このために、3つの重要な指標が考えられています:匂い、色、そしてイメージ。 安全な消費を達成するためにそれらすべてを評価することが必要です。

これは匂いが気持ちいいに違いないので、激しい匂いを放つすべてのシーフードを拒絶することが勧められます。 色は不透明ではなく明るく、画像は良好な状態になっているはずです。 カキ、アサリ、ムール貝などの軟体動物の場合は、貝殻を接合、つまり閉じなければなりません。

貝は健康的な食事で同盟国です。 彼らはたんぱく質が豊富で、カロリーが低く、そして鉄とカルシウムの広大な配給量を提供します。 それらは、一年のどの季節においても、少なくとも週に2回、それらを食物摂取量に組み込むための優れた代替法であることが判明した 夏は魚介類を食べるのに適した季節です。評判の良い場所、または広く推奨されている場所に行くだけです。